「ありがとう」がもたらす効果

Share on facebook
Share on twitter
Share on email

先日、弊社が取り扱っている活水器「ディレカ」のメーカーの田村社長から、お水の話を伺っていた時に、気になるフレーズがありました。

「水は情報を運ぶ媒体である」

その時、その言葉を聞いて思い出した1冊の本。

『水からの伝言』江本勝著

私たちの身体の約70%が水分。私たちが生きていくために不可欠な水。にも関わらず、水のことをあまり知らないし、意識を向けることはほとんどないのではないでしょうか?

『水からの伝言』には、たくさんの水の結晶の写真が掲載されています。その場所その場所での結晶の形や、いい言葉をかけた時と汚い言葉をかけた時の結晶の違いなど、とても興味深い本なので、ぜひ手に取ってご覧いただきたいと思いますが、その本を見た時に、水にはエネルギーが伝わることを初めて知りました。

私たちは生きていく中で、いろんな感情を持ち、言葉を発していますが、体内の水はその全てを捉えています。どんな情報を私たちは体内の水に送り込んでいるでしょうか?

ちなみに一番きれいな結晶を作る言葉は「ありがとう」だそうです。

常に感謝を口にすることで、身体中の水が感謝の情報を持ち、周りにその情報が伝わったら、どんどんいいエネルギー循環が起こってくるような気がします。

「ありがとう」が飛び交う社会。素敵だと思いませんか?

まずは自分発信で、これまで以上に笑顔で感謝を伝えたいと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございます。


MORE JOURNAL